健康

弱い筋肉=鍛える。これだけだと危険です。

 

こんにちは!

 

名古屋市東区泉エリア
姿勢改善専門パーソナルジム
dialogueの谷川です!

 

腰痛や反り腰だから
腹筋が弱い。

 

猫背だから
背中の筋肉が弱い。

 

膝痛だから
お尻や太ももの
筋肉が弱い。

 

 

などなど

弱い筋肉って誰しも
存在すると思います。

 

しかし、
弱いから
鍛えればいい。

 

そう思っていませんか?

 

実はそれだけでは
とても危険です。

 

 

 

弱い筋肉にフォーカスしない

 

病院に行くと
ここが弱いから
痛みが出てるかもね。

 

そんなことを
言われることが
多々あると思います。

 

実際、
私も言われたことがあります。

 

それは紛れもない
事実かもしれません。

 

しかし、
弱い筋肉があるということは

 

それを補うために
過剰に働く筋肉が
存在するということです。

 

そのため
弱い筋肉だけでなく

 

その強い筋肉にも
目を向けて
バランスをとる必要があります。

 

 

 

バランスが崩れる原因

 

 

では、なぜ
弱い筋肉、強い筋肉のように
バランスが崩れるのでしょうか?

 

これは簡単です。

 

日常生活やお仕事などの
癖によって崩れていきます。

 

例えば
デスクワーカーの方なら

 

背中が丸くなる動作を
長時間続けるので
猫背になりやすくなります。

 

立ち仕事でよく見かけるのは
大きくて力の強い
太ももの筋肉に頼って

 

長時間立つことで
太ももがパンパンに張ってしまう。

 

そのようにして
バランスは崩れていきます。

 

 

強い筋肉が邪魔をする

 

 

この場合の強い筋肉は
ボディビルダーの
強い筋肉とは違います。

 

デスクワーカーの例の場合
背中が丸まることで
背中の筋肉が伸ばされます。

 

その状態が続くことで
背中の筋肉は緊張といって
固まってしまいます。

 

本来、筋肉は
伸び縮みを繰り返すことで
動いてくれます。

 

しかし、
筋肉の緊張が強いと

 

その伸び縮みが
上手く出来なくなって
固まるということをします。

 

そのため
いきなり弱い部位をトレーニングして

 

緊張が過剰な部位があれば
上手く効かせたい部位に
上手く効かせれません。

 

では、
どうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

筋の緊張を改善する方法

 

 

先程も言ったように
緊張が強いのは

 

上手く、
伸び縮みができない状態です。

 

その状態を
改善することで
緊張は軽減させることができます。

 

 

デスクワーカーの例の場合

 

背中が丸まって固まっているので
胸を張る、背中を丸める
という動きをしてあげる

 

重りなどは
なくて構いませんので


筋肉の伸び縮みを
しっかり出してあげることが
大切になってきます。

 

最初は動きになれなくて
難しいと思うので

 

誰かに補助についてもらい
動きを誘導してもらうと
行いやすくなります!

 

そうすることで
余計な緊張が
軽減していきます!

 

弱い筋肉があるからと
いきなりトレーニングではなく

 

まずは
固まっている筋肉の
緊張を取るところから
始めましょう!

 

そうすることで
弱い筋肉にも
力が伝わりやすくなります!

 

 


 

姿勢改善専門パーソナルジムdialogue

 

・東区エリア泉店

愛知県名古屋市東区泉1丁目4-31 2階

 

・名東区星ヶ丘、一社エリア
星ヶ丘店

愛知県名古屋市名東区代万町3-10-1 
dNb1階

 

「整える」✖︎「鍛える」で
姿勢に関する悩みを解決します!

 

 

カラダに関するお悩みがある方は、
公式ラインよりお気軽にご相談ください!
体験のご予約も承っております!

⏬⏬⏬⏬⏬⏬

 

友だち追加